マラソン2時間40分と全国制覇の旅

2013あつぎマラソン

神奈川県の厚木市荻野運動公園陸上競技場をスタート&ゴールとするハーフと10kmの大会。
今回、ハーフの部に参加しました。

最近股関節の調子から、ロングを走れていなかったので、
本厚木駅から徒歩で会場入り⇒大会⇒徒歩で本厚木駅へ
の計約36km+αで40km自分の足で動く日と決め、いざ2013あつぎマラソンへ。

時間を間違え、ぎりぎりに到着。その時点で結構疲れる(精神的にも肉体的にも)
スタートはハーフと10km混合。
並び順がタイム別になっていたので(規模はそんなに大きくないけれど気が利いていますね)、1km4分の立て看板のあるところへ潜り込む。
競技場を1周と1/4回り、ロードへ。1km3分40秒。
入りはゆっくりなほうが好きなのと、あつぎマラソンの特徴のひとつとして後半アップダウンがかなりあると事前情報があったので、 ちょっと速いかなと思いながらも流れに乗って(というか他のランナーの邪魔しないように)進む。
スタートしてから軽く、上り、そこからくだりが続く。

が、しばらくして異変が。
4km地点くらいだろうか、下りなのに結構しんどい。
内臓が重い。急に走り始めた時のきりきりとした局所的な痛みではなく、鈍い痛みが幅広く広がっている感じ。
確かに、先日トレーニングで450m90秒の流しを数回交えて走ったときも体は重かった。
股関節の痛みから最近スピードにのった練習していないせいだと思っていたが、ひょっとしたら、内臓のせいかもと思い始める。
『最近、顔色悪い』とここ数日で数名に言われているし、元来胃が痛くならない体質なので、ストレスも顔にできものができたり、異変がでないとわからない。
股関節痛の長期化もひょっとしたら内臓のせいかもしれない。

厚木の市街に進む道を、やっと街に近づいた!というタイミングでまがり、その後国道に入り、もときた方向に戻っていく。
あつぎマラソンなのに、厚木市街はチョイ見せですね。

その頃になると、体が重く言うことを聞かない、ペースを落として進もうとするも結局歩いてしまうハメに。
せっかくの広い道路、元気に走れていたら絶対気持ちい大会だ、無念。と落ち武者ばりに歩いたり、走ったりで進み続ける。

その後は前出の後半のアップダウン。
普段は上り坂は得意と思い込んでいるのだが、今回ばかりはつらくて、つらくて。。

おまけに足がつり始める。
これまでレース中に足がつりそうになったのは北海道マラソン2013のラスト、異変を感じ始めたため、 屈伸したタイミングのときだけだった。それが今回普通に走っているそばからつり始めたのである。

完全に内臓のようだ、と断定するも、すでにそうなっているので仕方がない。
距離表示も1kmごと、給水もポカリと水と非常にめぐまれた環境で走らせてもらえているのが、逆につらい。
今できることは給水で立ち止まってポカリをがぶ飲みすることぐらいか、と思いつつも、 あつぎマラソンは制限時間が2時間に設定されている大会、ただでさえ歩いているのに、そんなことしたらタイムオーバー確定である。

バイクの救護の方に「大丈夫ですか?」と声かけられ、バイクを奪い取りたい気持ちを抑え、にっこり「大丈夫です!」と返したりする中、 必死のパッチでゴール。タイムは2時間5分。
制限時間からするとホントにビリの方(笑)人生ワースト記録となりました。

制限時間が2時間というところと、アップダウンが激しいところの成果ランナーのレベルも高く、かなりシリアスな大会の印象。
(といってもスタート直後しか実際レースになっていないが)
ゴール後にもらえる豚汁の味は最高でした。

ただし、豚汁の消化をなかなかしてくれない自分の内臓に歯がゆさは言うまでもない。


出場大会ページへ戻る
大きな地図で見る

あつぎマラソン(ハーフ)高低差

あつぎマラソン高低差

人気コンテンツ

Social