マラソン2時間40分と全国制覇の旅

2014東京ヴェルディ稲城グリーンロードレースに参加しました

2014東京ヴェルディ稲城グリーンロードレース

昨年、走り始めて(再開して?)最初に参加した大会。 去年も10kmにエントリーしていたのですが、積雪の影響で5kmに短縮でした。

まだ楽しみきれなかったのかなというのと(ただ雪の中大会運営していただいてありがとうございました)、
去年からの成長分を見てみたく、改めての東京ヴェルディ稲城グリーンロードレースへの挑戦です。

スタート前に高校生が参加しているのを確認し、いつもの入賞したら妄想はなし。

ということで、 故障部分を悪化させないように確認しながら走る、 去年は走りはじめで5km21分くらいだったので、今回は最低でも キロ4分くらいで走れる、といった感じ。
2月からフルマラソン数本はしるしね、とはいつもの自分に対する言い訳。

時折ふく強い風が寒いので、スタートだけスピード上げて体を温めようとして走る。

高校生の背中を前に、前の人についていくかどうかしばらく迷いながら走っていると、 体が動きすぎて、ヤバイ、その後1kmくらいからもう乳酸がたまっていく感じに。

2014東京ヴェルディ稲城グリーンロードレース高低差

そう、このコースけっこうタフなコース設計、ほとんどアップダウンでできている印象です。
練習が普段より減っているタイミングだったので、不安を抱えつつ、 自分のつらさと前の人と近づいたか離れたかで、自分の状態を見ながら走る。

といえば聞こえはいいですが、強風の中、坂を上るのってホントと進まなくて。。

と、そんな感じだったので最初の20分くらいはつらかったのですが、 後半はなんだかんだいってすぐに終わってしまった感じです。
まあ10kmの大会なのでそうなんですが。

今の僕の走り方、下りはかなりブレーキをきかせてしまっているし、 上りも以前ほど強くなく、体重移動の仕方は改善できるかな、と思ったのが収穫。
重心移動と足の運び方を工夫すれば、楽してまだまだ速くなりそう。

あとはシンスプリント気味の足へのストレスも大分減ってきている印象。そろそろロング走れるかも。

PCの故障か記録証はすぐにもらえなかったのですが、40分はきっている模様。
アップダウンが多い中、これくらい走れたら別府大分毎日マラソンのタイミングでサブスリーでは走れそうだけれど、 故障も気になってなかな30km以上は知れていないので、はたして。。

グリーンロードレース

2014東京ヴェルディ稲城グリーンロードレース「ぽんぽこマラソン」は、 名前のとおり稲城名物たぬきの被り物をしたランナーには記念品がもらえたり、 東京ヴェルディのヴェルディ君が大会にやってきていたりと、楽しめる大会に作られています。
さすが主催が東京ヴェルディの設立した一般社団法人東京グリーンスポーツリンク。

ただ、ちょっと市民ランナーでお祭りの大会にするには、コースがシリアスすぎるかな(笑)
どっちかというとアップダウンのあるコースを人と競いつつ、速いペースで走るのに適してるかなという気もします。
高校生も出ていたりと、レベルは高め。また来年出場できるようであれば、しようかなと思える大会ですね。

『出場大会ページへ戻る』へ戻る


人気コンテンツ

Social