マラソン2時間40分と全国制覇の旅

海外で人気のロックンロールマラソンシリーズと思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
海外で人気のロックンロールマラソンシリーズと思うこと

日本でも給水スイカが用意される富里スイカロードレースなど、人気の楽しいマラソン大会がありますが、 海外ではエンターテイメントとランをあわせた楽しい大会が多くあるようです。

その中でも、海外でどんどん広がっているロックンロールマラソンシリーズ(Rock 'n' Roll Marathon Series)
知っている方も多いかもしれませんが、大会と思うことをちょっと書いてみます。

世界最大級のマラソンシリーズロックンロールマラソン

ロックンロールマラソンシリーズ(Rock 'n' Roll Marathon Series)は、Competitor Group社が運営するマラソン・シリーズですが、 沿道にはバンド演奏が点在し、常にロックを聴きながら走り、レース後にコンサートを開催したりとまさにロックづけな大会。
サイトにも”Live Music Every Mile”とかかれてます。

メインはフルマラソンとハーフマラソン。 制限時間をみるとフルで7時間、ハーフで4時間になってますので、ミュージシャンもめちゃめちゃ大変なんじゃないでしょうか。

現在全米27の都市で開催され、年間の参加者の合計が50万人を越えるというのだからすごい! 2012年ヨーロッパに初上陸し、今や他カナダ、ヨーロッパなどの7都市で毎年開催されている人気のマラソン大会となっているらしい。
それぞれの大会の時機を見てみてもすべての月でなにかしらの大会は行っています。
いやいや一企業が行う大会でこれほどのものがあろうとはって感じです。

そして、日本でもスウィーツマラソンのようなコンセプトメイクされた大会はありますが、 それだけではなくて、けっこうガチな大会の側面もあって有力ランナーには旅費もでるようです(いったん中止になったこともあるみたいですが)。
これをシリーズものでやっているのだからすごいですね。

日本にはまだ上陸しないのでしょうか。楽しそうなので是非きてください!

運営会社のCompetitor Groupって

Competitor Group社とは何モノ?と調べてみると、どうやらスポーツ系のメディアとイベントを専門に扱っている企業の模様。

Headquartered in San Diego, Calif., Competitor Group, Inc. (CGI) is a Global Services, Media and Event Entertainment Company Dedicated to the Active Lifestyle Industry.
The aggregate CGI customer base now exceeds 7 million endurance enthusiasts and athletes.

引用:Competitor Group企業HP

つまりこれまで700万人以上(文章からするとほとんど市民ランナー?)がサービスを利用してるわけですね。
運営しているraceit.comもこんなかんじなので日本でいるRUNNETの株式会社アールビーズみたいなものか?
と思いつつ、なんとなくですが、似て非なるもののような感じもします。
というかスケールがデカすぎ!
僕のサイトもゆくゆくはこれくらいしたいな、ダメもとで提携申し込んでみるか!?

ちょっとした賞金レースの側面もある!?ロックンロールマラソン

賞金が出るのもちょっと魅力なロックンロールマラソンシリーズ。
調べてみると、男女優勝$500、2位$250とか各大会それくらいです。

ただタイムボーナスもあって、大会にも寄りますが、以下のような方で設定されています。

フルマラソン

  • 男子2時間18分、女子2時間43分を切るランナー全員に$1000の賞金
  • 男子2時間18分~2時間23分59秒、女子2時間43分~2時間47分59秒のランナー全員に$500の賞金
  • 男子2時間24分~2時間25分59秒、女子2時間48分~2時間49分59秒を切るランナー全員に$250の賞金

ハーフマラソン

  • 男子1時間5分、女子1時間15分を切るランナー全員に$500の賞金
  • 男子1時間5分台、女子1時間15分台のランナー全員に$350の賞金
  • 男子1時間6分台、女子1時間16分台のランナー全員に$200の賞金

ちなみに、優勝タイムの例をあげてみると

ワシントンDC 2013/3/16

  • フルマラソン男子 : 02:32:27  女子: 02:53:28
  • ハーフマラソン男子: 01:06:44  女子: 01:16:12

ニューオーリンズ

  • フルマラソン男子 : 02:21:56  女子: 02:58:55
  • ハーフマラソン男子: 01:11:35  女子: 01:20:29

けっこう日本の市民マラソンの大会と同じくらいな感じがします。
タイムボーナスは全員にってことは『このお金で是非次も参加して大会を盛り上げましょう』ってことなんですかね。
一度中止をはさんで復活したということはそれなりに効果があったのでしょう、 日本の大会もこんな形にすれば盛り上がるかも。
こういう大会がでてこればいいなぁ。
日本の実業団とかと違った側面が見えて面白いですね。

ロックンロールマラソンシリーズを通して日本の市民マラソン大会に思うこと

でもですね、いいないいなだけじゃなく、 ファンランの方も記録を狙ってる方も大会自体を盛り上げよう!っていう動きがでてこれば、 こういう大会って出てきてもおかしくないと思うんです。

協賛お願いできそうな企業も日本にはasicsもあるし、mizunoもある。
アミノバイタルのajinomotoやZAVASの明治などもある。
そして今はソーシャルを使っての働きかけやクラウドファンディングもあります。
うまく働きかけができればこういう大会できると思うんですよね!

形だけになるかもしれないけれど、復興支援みたいな形で東北でみんなでやりたいとも思います。
盛り上げていきましょう、市民ランを!(2014/03/01)

『大会ページへ戻る』へ戻る
↓もし記事を気に入っていただけたら是非!

人気コンテンツ

Social