マラソン2時間40分と全国制覇の旅

東京マラソン2014に参加しました

東京マラソン2014に参加しました

2014年2月23日、今回は最大の難関、抽選を突破した私は、東京マラソン2014に参加しました。

自宅から徒歩で会場入り。
主要国際大会の選考レースをかねていて、World Marathon Majorsのひとつでもある日本最大のマラソン大会。
にして、唯一徒歩でスタートラインまでいけてしまうフルマラソンの大会。
ありがたみがあるのかないのか(笑)

会場に着くと、人でごったがいしていて、時間までに場所にいけるか不安になりつつ、準備。

整列時間はちょっと早めですが、(ソチ五輪の発言で)今話題の森喜朗さんのスピーチ等もあり(笑)、 意外と待たされた感もなく、スタート。
コンディションも6度、曇りで湿度もそこまで高くなさそう。タイムが狙える!

最初の5~6kmは予定通りスピードをあげつつピッチの数をあげて、 身体の上下動を抑え負担をかけずに、できるだけ足を使わずに走る。

というか、ごちゃごちゃしててどのみちあまりとばせない(笑)
けっこうみなさん、東京マラソンに当選するために本来のタイムより 速いタイムをゴール予定タイムとして提出してるんじゃないかな、という感じ。

とまあ、様子をみつつ走っていたのですが、坂が終わり、飯田橋を曲がったあたりでハプニング。
3時間のペーサー(ペースメーカー)に抜かれてしまいました。

やばい!ゆっくり走り走りすぎたか!?と思い、3時間のペーサーを追いかける。
ペーサーのペースにあわせるとけっこう速く感じること。
調子悪いのかなぁと思いつつ、時計を見ると余裕でkm4分切ってるし。。

そう、ペーサー、後ろのほうからスタートした分を取り返すために、 スタート時間から、4分15秒ペースで刻める位置まで飛ばしてたみたいなんです。

というわけで、5km20分弱で走れればと考えていたゾーンで5km~10kmは19分切ってしまいました。

いったん上げてしまったスピードを急に落とすのもよくないかなぁ、というのもあったので、 徐々にスピードを抑えつつ、テンポを意識して走る。

しばらくすると1km4分ペースで走っている集団が見えるようになり、ここにある程度あわせて走しる。
ユニフォームを見ていると、エクアドル、コロンビア、スペインなど国際色豊か。

World Marathon Majorsのひとつとして東京マラソンに参加しているのか、外国の方がけっこう多いので、 なんとなく国際大会に出ている感じがして気持ちいいし、身長高い方が多いので風除けにもなります。
世界を相手に走ってるぜ、と妄想。

品川で折り返したあと、すれ違いに今まで走ったコースをみると、もう3時間のペーサーとも離れている。
だ、だまされた、と少し感じつつ、そのまた後を見ると溢れんばかりの人、人、人。
キロ4分くらいだと人もそんなにいっぱいいないので走りやすく、ちょっと有利ですね。

そのあとはできるだけ何もしない、ペースもいじらない(笑)
仮装してる方に多くの人が声援を送っているので、ジェラシーを感じつつ、ひたすら、という感じ。
知っている道がほとんどで、実際歩いたことはある道ばかりなので距離感もばっちりつかめていて、景色を見ながら走ります。

これまでパーツパーツで知ってる道をすべて一連の景色として見るとそれはそれで新鮮。

北海道マラソン2013で最後完全にハンガーノックになってしまったのを思い出しつつ、 捕食を意識して走り続けます。

35km地点くらいからどのみちペース下がるからと思いつつ、 32km地点でちょっとピッチの数をあげて、意図的にペースをあげて安定させる。
故障ぎみの足が痛くはなってきているものの、思っていたよりひどくなっていない。
声援の多い銀座も待っているし、若干気合も入ります。いける!

序盤ゆっくりめに走ったのが功をそうしたのか、つらいなぁと思ったのは35kmを超えてから。
ここからはさすがにちょっとつらいけれど、そこそこいけそう!もう残り7km。
普段走っているコースのどの辺りにいるかなぁ、いけそうじゃん。と思い、走ります。

36km地点の佃大橋。難関といわれているものの、どっちかというと登りが得意な自分としては、 抜けるポイントでもあるので、テンションあがるし、つらくなく、ここもクリア。

歩いている人を見かけると、自分も歩きたいなと思いつつも、ゴールまでもう少し。 とはいいつつ、最後動けなくならないようにペースはちょっと落とす。

残り500mでもう大丈夫!となった地点でペースをあげて気持ちよく走る。
会場に入るタイミングでは猫ひろしさんの応援も応援していました。
ゴール時、タイムを見ると2時間53分台。練習量のわりには上出来、上出来。

ゴール後、会場にマラソン男子上位500位が張り出されていて、名前載っていてちょっと嬉しい

東京マラソンのコースは最初くだりですし、 細かく足の負担になりそうなところはあるものの、タイムも狙え、 沿道からのたくさんの声援を味わえるのはさすが。力になります。応援が多いとやっぱりだれないですね。

また、ゴール会場の東京ビッグサイトでは出店や、トークショーなどイベントがしていて、都をあげてのイベントという感じで、 マラソンって縛り以外でも、ランナー以外でも楽しめます。
別府大分マラソンは『旅』という意味や『ランナー』として最高の大会だったので、そっちのほうがこのブログのコンセプトにはあってる気がしますが(笑)

参加者がとにかく多いので、サブフォーくらいの人は走りづらいかも、と思うので、 比率での抽選はよいやり方だな、と改めて思います。
ただ倍率が10倍程度なので、最大の難関が抽選というのがおそろしい(笑)(2014/2/24)

『出場大会ページへ戻る』へ戻る
↓もし記事を気に入っていただけたら是非!

人気コンテンツ

Social