マラソン2時間40分と全国制覇の旅

東京マラソン攻略イメージ2014

東京マラソンコース

東京マラソン2014まであと10日! 東京マラソンは約10倍の抽選と走る前にまず、最大の関門を迎えます(笑) その分、大会自体も初参戦の方も多いと思います。声援も多く、そんなに難しいコースではありませんが、されど東京のど真ん中を走るという意味で(抽選に当たったという意味でも!?)やっぱり記念になるコース。 というわけで、東京マラソンを走るイメージと攻略法を考えてみました。

新宿⇒飯田橋⇒有楽町(~10km)

最初の5~6kmは下り坂が続くので、 できるだけストライドを小さめにしてピッチを上げて走ります。 足の筋力より上半身で走るイメージです。
そうすることにより、足に疲労をためず、身体の上下動を減らすことで負担を減らします。 うまく省エネして、35km走みたいな形に持ち込むイメージですね。

下りですが僕は目標タイムをそのまま割ったくらいのタイムでいければと。

その後の飯田橋~有楽町は平坦なコースですが、皇居の前を走ります。 ランナーがいつもぐるぐる回ってる周回の2/5くらいの部分ですが、普段と逆走する形。 なので、ランナーにとってはある意味観光スポットかも(笑)

平坦ですし、ピッチを上げて走ってるとその感覚にカラダが慣れていると思いますので、 意識せず一番楽に感じるピッチで、日比谷公園の10kmポイントまで走ります。

東京マラソン高低差

有楽町⇒品川⇒有楽町(~20km)

日比谷公園をこえて、品川駅まで戻ってくる間の10kmは正直なにもないです。 東京タワーの近くを通ることくらいでしょうか。 さらにそこから先は、広い道路とオフィス街の景色、山手線の線路が続きます。 第一京浜ですからそりゃそうか。。

なので僕はひたする同じくらいのペースの人についていってペースの固定を図るのと、 銀座に出たときになにかパフォーマンスするかでも考えようと思ってます。 実際にするかどうかは別の話ですが。 とにかくリラックスして走る、です。

他の楽しみ方としては、日比谷公園から品川駅で折り返すまで、箱根駅伝と同じコースなので、 箱根駅伝を思い浮かべながら走るというのもひとつの手ですね。

有楽町⇒浅草⇒有楽町(~34km)

日比谷公園までもどってくると、銀座をつききって浅草までいって戻ってきます。 東京タワーからスカイツリーまでの新旧高い建物ツアーですね。

このあたりは街のど真ん中、東京の中心を走る贅沢な気分を味わえますし、 周りの声援も多いので、比較的頑張れそうです。
この間に中間点もあるので、これからハーフで声援に包まれてスタートする気分でよいかも。 ま、スタート地点にくるまでちょっこっと走ってきたかなー、くらいで(笑)

走りに関しては行きはできるだけ何もせずにいようと思っていますが、 浅草から戻ってくるときも同じコースを通ります。 32km地点くらいで少しスピードを上げるイメージで臨もうと思っています。
残りを10kmと考えると、まあまあ誰もが普段は知ってそうな距離ですしそんなに長い距離じゃない気がします。 (いつもフルマラソン残り10km、えらく長く感じますが気持ちは楽に。。)

浅草と銀座の間(茅場町や水天宮)は沿道の応援も減るので、 どっちにしても35km地点くらいになるとたれてくるので、声援があるうちに頑張るモードを作っときたいところです。

ちなみに写真は浅草の有名なアサヒビール本社ビル。知ってる方も多いと思いますが、奇妙な舞台が浮かんでます。 こういうスポットや、オリジナルスポットをGoogle マップのストリートビューで探しておくのも手かもです。

東京マラソンコースオブジェ

有楽町⇒佃橋⇒東京ビッグサイト(~42.195km)

銀座を越えると築地、月島と続きます。36km地点まではグルメゾーンですね。 魚・SUSHI!、もんじゃ!そしていよいよ終盤です。

いろんなブログにも書いてありますが、佃大橋が最大の難関。 というか、東京マラソンは他の大会に比べてもアップダウンは少ないコース。
最後にとってあるとはいえ、15mくらいの高度差くらいですし、橋をのぼるだけなのでこのくらいは許しちゃいましょう。

今年もこの区間でロッキーのテーマを流してくれる人がいらっしゃると思いますが、 戦うって感じよりもそのリズムに乗って走りたいと思ってます。

海風が強く上りなので、上半身を使って走ることやピッチを小刻みにするなど意識することは重要だと思いますが、 すでに足が痛かったり、思ったより身体にダメージが合ったり、体調が悪くなってる、なんて場合もあると思います。
この辺で何かできるかって考えると、やはり気持ちの部分かなと。 気持ちの切り替え、リフレッシュしたり、前を追っかけたりとその時にあわせて、ですかね。(2014/2/13)

『出場大会ページへ戻る』へ戻る


【関連記事】

東京マラソン2014に参加しました

人気コンテンツ

Social